<< 伊丹空港存廃、大阪と兵庫の議会も対決姿勢(読売新聞) | main | 特定健診受診率は約3割、東高西低(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


JR西歴代3社長起訴へ 井手氏、効率化を推進 南谷、垣内氏が継承(産経新聞)

 経営を軌道に乗せた手腕、長年影響力を保ち続けたカリスマぶり。井手正敬氏(74)はJR西日本の社長、会長、相談役と君臨。JR西は「井手商会」とも呼ばれた。だが、現在はJR西との関係はなく、公の場に姿を見せることも少ない。

 昭和62年の分割民営化を国鉄内で主導した「改革3人組」の一人で、平成4年にJR西社長に就任。私鉄王国の関西で脆弱(ぜいじゃく)だった経営を立て直し、8年には株式上場を果たした。

 収益向上のためスピードアップと増発を推進。その一環で8年に実施されたのが、兵庫県尼崎市の脱線事故現場を急カーブに付け替える工事だった。

 南谷昌二郎氏(68)は井手氏の後任として9年に社長となり、垣内剛氏(65)は、その後任として15年に社長に就任した。両氏ともに井手氏の経営効率化路線を継承。経営を優先した結果、事故現場への自動列車停止装置(ATS)設置が遅れるなど、安全対策が後手に回ったとの指摘もある。

 井手氏は26日、「私としては、深く受け止めなければならないと考えている」。南谷氏は「引き続き、遺族、けがをされた方々への対応に全力を尽くしたい」。垣内氏は「当時の責任者として心からおわび申し上げる」といったコメントを出した。

【関連記事】
「必要な協力していきたい」JR西の起訴議決で神戸地検次席
「議決を重く受け止めている」 JR西社長、改めて謝罪
「最高責任者の責任」めぐり検察と検審に相違 JR西歴代3社長起訴議決
「経営トップには絶えず責任」 JR西歴代3社長起訴議決で財界関係者
JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決

重文の仏像盗難…収蔵庫の扉こじ開けられる(読売新聞)
指示通り服用「非難できない」=抗うつ剤で心神耗弱認める−強盗殺人未遂・さいたま(時事通信)
首相 小林氏処遇で朝令暮改 処分検討→自身で判断(産経新聞)
沖縄核再持ち込みは「密約」=西山氏ら(時事通信)
橋下知事「北朝鮮から批判され光栄」(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • 21:01
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 還元率
現金化
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン
探偵
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    タランチュラ (06/12)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    三村 (06/09)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    ガトリング白銀 (01/12)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    こういち (12/25)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    パイン (12/14)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    俊之 (12/05)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    機関棒 (11/27)
  • スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
    れもんサワー (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM